小中学生向けプログラミング教室をやりました。

Scratchを使ったプログラミング教室

天文科学部プログラミング班は7月30日に
豊明図書館で小中学生に
プログラミングの初歩をゲーム作りを通して教えるという内容で、
イベントを開催しました。
ちなみにScratchというのは、誰でも簡単にできるプログラミング言語で
下の画像にあるパネルのようなものを組み合わせることで
ゲームを作れます。
最近では小中学校の授業で使われているので、教室に来た小中学生
13人の中では半分がやったことがあると言っていました。

ゲーム制作とアレンジ



最初に簡単なシューティングゲームを全員一緒に作ります。
前で先生が作り方を教えて、小中学生の隣の部員は、
わからないところなどを教えてあげる。
下の写真の通りです。


全員でのゲーム制作が終わったら、今度は自分の作ったゲームに
アレンジを加えます。例えば、シューティングゲームなので
撃つ弾を早くしたり、敵の数を増やすなど、いろいろなアレンジができます。アレンジは、先ほどやったゲーム制作の
やり方が必要になってくるので、応用のようなものです。
みんなわからない所は、部員や先生にきいたりして
楽しそうにやっていたので、とてもうれしいです😊
プログラミング教室終了後に、災害対策の保存食と水を
プレゼントしました。ちなみに部員ももらいました。

 

プログラミング班 の最新記事